slider1

公立はこだて未来大学 システム情報科学部

平田♪竹川研究室へようこそ!

Welcome to Hirata♪Takegawa Laboratory !

詳細を見る

slider2

公立はこだて未来大学 システム情報科学部

平田♪竹川研究室へようこそ!

Welcome to Hirata♪Takegawa Laboratory !

詳細を見る

slider3

公立はこだて未来大学 システム情報科学部

平田♪竹川研究室へようこそ!

Welcome to Hirata♪Takegawa Laboratory !

詳細を見る

slider4

公立はこだて未来大学 システム情報科学部

平田♪竹川研究室へようこそ!

Welcome to Hirata♪Takegawa Laboratory !

詳細を見る

NEWS

2016年10月5日 人工知能学会 言語・音声理解と対話処理研究会 (SIG-SLUD78)にて,D2の三浦が発表しました.
2016年8月10日 人工知能学会 言語・音声理解と対話処理研究会 (SIG-SLUD77)にて,D2の三浦が発表しました.
2016年7月31日 情報処理学会 音楽情報科学研究会(SIGMUS112)にて,M1の澤田と寺崎が発表しました.
2016年6月30日 AACE - World Conference on Educational Multimedia(EdMedia)にて, B4の熊木が発表しました.
2016年5月21日 情報処理学会 音楽情報科学研究会(SIGMUS111)にて,M1の澤田が発表しました.
















研究紹介

平田♪竹川研究室では,以下の5つのテーマを中心に,
システム設計・理論構築・その応用などさまざまな側面から研究しています.

EASY THEME OPTION PANEL

音楽情報処理

人が音楽を聴取する知能の仕組み,人が音楽を作曲および演奏する知能の仕組みを形式的に検討し,そのモデルを提案します.

EASY CUSTOMIZABLE

技能熟達

人はどのように創造的活動に取り組んでいるのか,観察からその熟達過程の解明と熟達の支援方法考案を目指します.

CLEAN CODING

自然言語処理

自然言語に含まれる構造を分析することで,質問応答・推薦システムの構築,情報検索,読解支援などに取り組んでいます.

HTML5 & CSS3

コミュニケーション・認知・心理

人の学習・認知・心理の調査分析をもとに,インタフェースデザイン・視覚化手法・認知モデルへの応用を目指します.

7X24 SUPPORT

公共交通

次世代のより快適な公共交通システムの実現のため,従来の公共交通を統合した新たな交通システムの実現を目指します.

メンバー

平田 圭二

平田 圭二 (教授)

Keiji Hirata


経歴:
1987年東京大学大学院工学系研究科情報工学専門課程博士課程修了.工学博士.同年NTT 基礎研究所入所.1990~93年(財)新世代コンピュータ技術開発機構(ICOT)に出向.2011年より公立はこだて未来大学教授.NTTではビデオコミュニケーションシステムt-Roomプロジェクトを率いる.現在,音楽情報処理,スマートシティ,医療ICTの研究に従事.1993-1995年情報処理学会音楽情報科学研究会初代主査,2010~2015年デジタルプラクティス誌編集委員長.2005~2007年及び2011~2013年情報処理学会理事.情報処理学会フェロー.

詳細:
平田圭二のホームページ

竹川 佳成

竹川 佳成 (准教授)

Yoshinari Takegawa


経歴:
2007年大阪大学大学院情報科学研究科博士課程修了.同年より神戸大学自然科学系先端融合研究環重点研究部助教.2012年より公立はこだて未来大学システム情報科学部助教.2014年より公立はこだて未来大学システム情報科学部准教授,現在に至る.2011年にはMIT Media Lab.にてAssistant Visiting Professorを兼務.

詳細:
竹川佳成のWebページ

三浦 寛也

三浦 寛也 (博士課程 2 年)

Hiroya Miura

2015年公立はこだて未来大学院システム情報科学研究科修了.同年同大学大学院博士後期課程システム情報科学研究科に進学.現在,博士後期課程2年.会議コンテンツの再利用と知識発見を目指し,議論構造に基づく会議録の自動要約やそのアプリケーション作成など,様々な研究活動を行なっています.音楽と自然言語の狭間で,コンテンツの在り方について解き明かしていきたいと思います.本研究室1期生として,失敗を恐れず様々な分野に挑戦していきます.

上田 健太郎

上田 健太郎 (修士課程 2 年)

Kentaro Ueda

知能情報科学領域 修士2年.研究課題はピアノ演奏熟達の効率化です.現在,ピアノ練習状況の可視化および気付きのアノテーション機能をもつ学習支援システムの開発/評価を行っています.プログラミングと音楽 (鑑賞/作曲共に)が好きです.

柴田 健介

柴田 健介 (修士課程 2 年)

Kensuke Shibata

情報アーキテクチャ領域 修士2年.英会話レッスン教授支援システムの開発をしております.研究を通して,物事を深く考える習慣を身につけると共に,考えた事を実現する力を養っていきたいです!全く関係ないですが最近趣味でピアノを弾いています.

山口 葵

山口 葵 (修士課程 2 年)

Aoi Yamaguchi

Lv. M2.しんちょうな 性格.
とても几帳面.甘いものが好き.
特性:文章の推敲箇所を自動発見するシステムの開発.

齋藤 塁

齋藤 塁 (修士課程 1 年)

Rui Saito

メディアデザイン領域修士1年.研究テーマは未定ですがバイオリンの熟達支援に関係することに携わっていければと思っています.バスケ,バイオリン,バイク,車,映画鑑賞などが好きです.

澤田 隼

澤田 隼 (修士課程 1 年)

Shun Sawada

知能情報科学領域修士1年.研究課題は,譜面を対象とした音楽理論であるGTTMを音楽音響信号を対象としたルールに変換することです.GTTM分析により楽曲の階層的順序構造を獲得できるので,最終的には音楽音響信号から直接階層的順序構造を獲得することを目指しています.

寺崎 栞里

寺崎 栞里 (修士課程 1 年)

Shiori Terasaki

情報アーキテクチャ領域 修士1年.研究課題は視線情報を考慮した演奏箇所推定機能をもつピアノ自動伴奏システムを構築することです.積極的に雑務を引き受けるのが趣味です.お菓子を与えると喜びます.

藤田 千尋

藤田 千尋 (修士課程 1 年)

Chihiro Fujita

修士1年.研究課題は歌唱におけるタメ表現のモデル化です.最終的にVOCALOID,UTAU等の歌声合成ソフトによる歌唱にタメ表現を付与するシステムの開発を目指しています.研究に煮詰まったら動画制作に逃げてます.

松井 遼太

松井 遼太 (修士課程 1 年)

Ryota Matsui

修士1年.研究課題は,生徒と教師が物理的に離れた環境でピアノレッスンを行うシステムを構築することです.プロジェクションマッピングや画像解析といった技術を用いて,遠隔というコミュニケーションがとり辛い環境の中でいかにして円滑なピアノレッスンを行えるかを日々研究しております.私自身はピアノ歴18年ほどで,演奏の方もまだまだ未熟ですが研究と同様精進していきたいと思っております.好きな作曲家はショパンとリスト,バルトークです.いつかラフマニノフのピアノコンチェルト2番とショパンのピアノコンチェルト1番をオケと共演するのがささやかな夢です.

石垣 愛美

石垣 愛美 (学部 4 年生)

Manami Ishigaki

知能システムコース学部4年.生成・破壊・再生を用いたチャンクによるピアノ学習支援システムについて研究しています.趣味はピアノと軽音です.

庵 愛

庵 愛 (学部 4 年生)

Mana Ihori

情報システムコース学部4年. 文章執筆支援ツールを開発しようと考えています.

梅澤 章乃

梅澤 章乃 (学部 4 年生)

Akino Umezawa

情報システムコース学部4年.研究内容は未定ですが、認知分野の研究を考えています.

遠藤 礼奈

遠藤 礼奈 (学部 4 年生)

Ayana Endo

情報デザインコース学部4年. 臨書支援ツールの機能を拡張しようと考えています.

大山 浩暉

大山 浩暉 (学部 4 年生)

Kouki Ooyama

1994年10月6日生まれ.北海道札幌市出身.情報システムコース学部4年.対話型ゲーム推薦システムについて研究しています.

熊木 万莉母

熊木 万莉母 (学部 4 年生)

Marimo Kumaki

情報デザインコース 学部4年.バイオリンとゲーム映像を組み合わせた,新しい形でのバイオリン学習支援システムを提供する研究をしています.最終的には学習者がまるでそのゲームの世界にいるかのように思わせるようなコンテンツにしていきたいと考えています.研究を通して,自分の視野を広げ様々な知識を得て,成長していきたいです.

黒滝 理帆

黒滝 理帆 (学部 4 年生)

Riho Kurotaki

情報デザインコース学部4年.趣味がイラストを描く事で,初心者のためのイラスト描画支援ができればと考えています.

佐田 大志

佐田 大志 (学部 4 年生)

Taishi Sata

公立はこだて未来大学知能システムコース学部4年.

佐藤 僚太

佐藤 僚太 (学部 4 年生)

Ryota Sato

知能システムコース 学部4年. ひとつの曲として聴くことができるメドレーについて興味をもち,それを自動生成するための研究をしています.オンラインゲームのクエストやマップの自動生成,自然言語処理など、色々な分野に応用できるのではないかと考えています.研究に少しでも関係ありそうな知識は積極的に学んでいこうと思います.

武田 郁弥

武田 郁弥 (学部 4 年生)

Fumiya Takeda

武田郁弥です.

西村 陽菜

西村 陽菜 (学部 4 年生)

Hina Nishimura

公立はこだて未来大学情報システムコース学部4年.映像撮影に興味があり,ワンマンライブレポートシステムの研究を行っています.

長谷川 麻美

長谷川 麻美 (学部 4 年生)

Asami Hasegawa

公立はこだて未来大学情報システムコース学部4年.運指に着目したピアノ学習支援システムの開発を研究しています.サティが好きです.

原 史也

原 史也 (学部 4 年生)

Fumiya Hara

公立はこだて未来大学情報システムコース学部4年.声量制御のための音声フィードバックシステムの設計と実装を研究テーマとしています.

牧野 孝史

牧野 孝史 (学部 4 年生)

Takashi Makino

公立はこだて未来大学情報システムコース学部4年.自動ファシリテーションシステムを開発することを目的に研究を行っています.趣味はギター演奏で好きなギタリストはTommy Emmanuelです.

村上 新

村上 新 (学部 4 年生)

Arata Murakami

村上新です.

柳田 拓郎

柳田 拓郎 (学部 4 年生)

Takuro Yanagida

公立はこだて未来大学情報システムコース学部4年.ドラムの演奏者識別手法を確立をテーマに研究を行っています.ドラムやってます,天敵はアイスコーヒーです.

生櫻 涼

生櫻 涼 (学部 3 年生 : 訓練生)

Ryo Ikizakura

公立はこだて未来大学知能システムコース学部3年.現時点での研究内容は未定ですが,楽器の演奏を支援するシステムの研究を考えています.

能登 楓

能登 楓 (学部 3 年生 : 訓練生)

Kaede Noto

知能システムコース 学部3年.研究室生.現在,D1三浦のもとで研究中.主な研究としてはトピックモデルを用いた議論タイムスパン木ルールの改良, 提案.研究を通して, トピックモデルの理解を深めたいです.趣味は音楽鑑賞.最近のお気に入りはピアノ三重奏曲ト短調作品8です.

類家 怜央

類家 怜央 (学部 3 年生 : 訓練生)

Reo Ruike

公立はこだて未来大学知能システムコース学部3年.音楽に関係する研究がしたいというざっくりした意志で研究室に入り浸るようになった新人.プログラミング、動画編集、音楽鑑賞、演奏が趣味です. 多すぎる.

OB•OG

Alumni

( 2012 - )

2015年度

研究協力者
佐野 渉二「ITが可能にする新しい社会サービスのデザイン」
修士
齋藤 俊英「うつ病患者の周辺看護者のための視点・状況・志向・文脈」
横井 史也「ルール処理とHMMを統合した和音認識器の実現」
学士
岩淵 悠太「練習状況可視化とアノテーション付与機能をもつピアノ演奏支援システムの評価」
蛯子 真奈未「PC 用キーボードのキー配列を柔軟に変更可能なキーボードカバーの評価と分析」
小林 千紘「Kinectを用いたバレーボールスパイク支援システムの構築」
佐藤 尚彰「ボウリングにおける投球記録システムの設計と実装」
杉村 綾菜「声量制御のための音声フィードバックモデルの構築」
坪原 琢人「カーリングストーンの軌跡可視化システムの開発」
松館 渉「Sake2Vec: Word2Vecを用いた日本酒推薦システムの設計と実装」
壬生 雅大「函館市を対象としたデマンド応答型公共交通SAVの実証実験」

2014年度

学士
池田 絵里「管楽器初心者を対象とした音高正誤判定能力向上のための学習支援システム」
岩崎 剛「デマンドバスの運行における集約の効果に関する検証と可視化」
植松 隼平「バレーボールにおけるスパイク技能習得のための学習方略構築支援システム」
大角 悠華「ピアノ熟達におけるチャンク形成の分析」
小田川 玲奈「臨書初級者のための文字バランス学習支援システムの評価」
山本 真平「成人ダンス学習者のパフォーマンス熟達におけるチャンク形成過程の分析」

2013年度

学士
淡路 拓也「音響信号を対象としたGTTMに基づく拍節構造の抽出」
泉 拓哉「フルデマンドバスシステムにおける集約乗車の有効性」
門谷 隆司「音響信号を対象としたGTTMに基づくグルーピング構造の抽出」
田村 速人「成人ピアノ初級者の演奏熟達におけるチャンク形成過程の分析」
森 理美「ディスカッションマイニングにおける重要単語の抽出とその応用へ向けて」
野波 淳里「書写における文字バランス習得のための学習支援システムの構築」

2012年度

学士
茅野 裕馬「音楽理論に基づく楽曲分析器の改良-最適パラメータ自動獲得戦略-」
佐々木 龍「音楽理論に基づく楽曲分析器の改良~パラメータの有効適用範囲の同定」
冨樫 健太「音楽理論を応用したディスカッションマイニングにおけるタイムスパン木の自動生成」

 お問い合わせ・アクセス

〒041-8655
北海道函館市亀田中野町116-2
公立はこだて未来大学
---------------------------------------
平田 圭二 竹川 佳成
Emali : contact[at]hiratakelab.jp
※ [at] を @ に変えてお送りください。
---------------------------------------
Tell
平田 : 0138-34-6462
竹川 : 0138-34-6464
---------------------------------------
リンク
公立はこだて未来大学 -Future University Hakodate-
平田圭二のホームページ
竹川佳成のWebページ
Map