人工知能学会国際シンポジウム (JSAI-isAI) に参加しました.

D1の三浦です.

人工知能学会 国際シンポジウム (JSAI-isAI) の中のワークショップの1つであるAAA2015 (Argument for Agreement and Assurance) において,執筆したFull-Paperの論文がAcceptされ,11月17日,慶應義塾大学にて口頭発表をおこないました.JSAI-isAIは,2009年から毎年開催され,海外の研究者との交流を活発化するとともに,研究成果を海外へ発信することを目的とした国際シンポジウムです.今回私が参加したAAA2015は,要約や対話システム,形式意味論などといったトピックが対象となっており,人工知能の分野から多くの注目を集めている学際的な研究テーマとなっているワークショップです.

本ワークショップは,フルプレゼンテーションが5件,ショートプレゼンテーションが3件,招待講演が1件あり,私は, “A Formal Data Model for Tree Structures which Represent the Meaning Structure of Discussion”という題目でのフルプレゼンテーションでした.

Continue reading

   未来大にてオープンラボを開催!

M1の柴田です.

11月9日,公立はこだて未来大学ではオープンラボが開催されました.

研究室配属前のB3に向けて,B4や修士,博士の学生が自身の研究や研究室での活動について説明しました.
見に来てくれた学生の興味を引くためにポスター展示だけでなくデモ発表も行いました.

ピアノ熟達化のために演奏情報を可視化するシステムを説明するB4岩淵
ピアノ熟達化のために演奏情報を可視化するシステムを説明するB4岩淵

Continue reading

   エンタテインメントコンピューティング2015(EC2015)に参加しました.

B4の寺崎です.

9月25日~27日の3日間札幌にてエンタテインメントコンピューティング2015(EC2015)が開催されました.前半は教育文化会館,最終日は北海道大学学術交流会館にて行われました.

ECはエンタテインメント研究を対象とした研究会で毎年秋ごろに開催されています.

photo1 Continue reading

   ヒューマンインタフェースシンポジウム2015 (HIS2015)に参加しました.

B4の藤田です.

9月1日から9月4日まで,公立はこだて未来大学でヒューマンインタフェースシンポジウムが開催されました.
全国から様々な学生や企業,研究者の方々が一同に函館に集まり,ヒューマンインタフェースに関連した多方面に渡る研究を発表しました.

DSC_0112

今回平田♪竹川研からはB4の澤田と藤田が参加しました.
2日には藤田が「歌唱におけるタメ表現のモデル構築へ向けて」というテーマで発表しました.
学外の方々から色々な意見を頂く事ができ,自分では気づかなかった部分を指摘していただけたのでとても素晴らしい体験になりました.

Continue reading

   Mashup Awards 11 ハッカソン予選に参戦しました!

B4の澤田です.

9月1日から2日まで本学にて,Mashup Awards 11 ハッカソン予選が開催され,平田♪竹川研究室からはB4の寺崎と澤田が参加しました.
ハッカソンとは「Hack」と「Marathon」をあわせた造語で,短期/集中的に共同作業でソフトウェアを開発する,技術とアイデアを競い合うイベントです.本ハッカソンは日本最大級のハッカソンであるMashup Awards 11の一次予選免除の権利をかけたハッカソンでした.

今回,寺崎が参加したチームが見事企業賞を獲得し,私が参加したチームがありがたいことに最優秀賞をいただくことができました.

参加者は総勢16名,その内訳の大部分を未来大の学生が占めていましたが,筑波大学から遥々やってきた学生が3名,その他になんと地元の小学校6年生の子が1名参加していました.その小6の子は普段からiPhoneアプリなどの開発をしている兵で,大学生の中に混ざって互角に(むしろそれ以上?)戦っていました.

hack_2
Continue reading

   情報処理学会音楽情報科学研究会(SIGMUS)に参加しました.

M1の上田です.

8月31日から9月2日にかけて名古屋大学で行われた情報処理学会音楽情報科学研究会(SIGMUS)第108回研究会に参加しました.

Nagoya.jpg-1024x768

SIGMUSはコンピュータと音楽が関わり合うあらゆる場面を活動対象とする学術的研究会で,春夏秋冬の年4回行われています.その中でも夏の研究会は通称夏シンポと呼ばれており,1年で最も大規模な研究会となっています.

対外発表は今回が初めてではなく,これまでに情報処理学会北海道支部シンポジウム(昨年10月),第29回人工知能学会全国大会 (6月)の2つに参加したことがあります.しかし,これらの対外発表は未来大学で行われたもので,他大学での対外発表は今回が初です.

Continue reading

   研究旅行2日目:北海道大学 小野・棟方研との合同発表会をおこないました.

D1の三浦です.

8月26日,研究室旅行2日目は,北海道大学ヒューマンコンピュータインタラクション研究室(小野・棟方研)と合同発表会をおこないました.
今回の合同発表会は,4研究室の学生(主に学部4年生と大学院生)と教員が参加し総勢約30名,
全21題の発表は,休憩を挟みながら一日がかりで行われ,大規模なものとなりました.

小野・棟方研究室は,エージェント・インタフェース・ロボット・音楽情報・生体情報を利用した研究や,
情報理論・経済物理・群知能シミュレーション・数理神経科学といった情報統計力学に関する研究に従事しており,
その名のとおり,人と人,人とモノとのインタラクションに関する研究を行っている研究室です.
小野教授が本学の教員として務めていらっしゃっていたことや,棟方助教が本学にて博士課程を修了されたこと,
さらにこれまで数々の学会で交流があったこともあり,このような合同発表会の機会を設けていただきました.

本エントリーでは,そんな合同発表会当日の流れを時系列順に振り返ってみようと思います.

hokudai_photo1

8月25日,札幌へ前入りし,当日,9時過ぎに地下鉄北12条駅に降り立ち,いざ北海道大学情報科学研究科棟 小野・棟方研のもとへ!

Continue reading

   研究室旅行へ行ってきました!

8月25日から28日まで,毎年恒例の研究室旅行がありました.
本エントリーでは,その詳細について語っていきたいと思います.

研究室旅行1日目:

函館から札幌まで移動しました.どの車に乗るかは運転手の手によって決められました.
車内では,トークで盛り上がったり音楽を楽しんだりとみんなそれぞれ移動を楽しんでいました.
しかし、途中でルートを間違えるハプニングが….中山峠を通る車と,小樽を巡る車とルートが途中で別れてしまいました.
中山峠を通る車は早く札幌に到着し,ファクトリーにある店でご飯を食べていました.
一方の小樽組は、到着が遅れていたため小樽でご飯を食べていました.

札幌組@サッポロファクトリー
札幌組@サッポロファクトリー
小樽組@なると屋
小樽組@なると屋

Continue reading

   平田♪竹川研究室の紹介とご挨拶

公立はこだて未来大学 平田♪竹川研究室のホームページにアクセスいただき,ありがとうございます.

当研究室は,平成24年度に新設研究室としてスタートし,本年度で発足4年を迎えました.教員スタッフは平田(教授)と竹川(准教授)と佐野(アドバイザー)の3名です.

私達は研究の大きなテーマとしてデザイン知能を掲げています.デザイン知能とは目的や意図をもってモノやコトを生み出すために使われる知能のことです.プリゼンのためのスライド作りや楽器を演奏すること,ブログやツイートの書込みなどはデザインするという行為であり,人間は日常的にデザインしています.コンピュータは人間のようにデザインすることは困難でしたが,技術の発展・進歩などが相まって,これらの困難を乗り越えられる可能性が見えてきました.当研究室ではコンピュータにデザイン知能を持たせる研究として,主に音楽情報処理,技能熟達,自然言語処理,コミュニケーション・認知・心理,公共交通の5つのテーマを中心に,システム設計・理論構築・その応用などさまざまな側面から研究しています.

当研究室では,教員と学生,また学生同士が気軽に互いに相談し,教え合い,切磋琢磨できるような環境作りを心がけています.本ホームページでは,そうした日々の研究活動や成果を紹介しようと考えております.皆様方にはこちらのホームページおよび当研究室へのご来訪を歓迎いたします.

ホームへ戻る