ウェアラブルコンピューティングのための消費電力を考慮したコンテキストアウェアシステム

研究内容

近年,計算機の小型化・軽量化によりコンピュータを装着するウェアラブルコンピューティングに注目が集まっています.ウェアラブルコンピューティング環境では,複数の装着型センサを用いてさまざまなアプリケーションが提供されます.特にコンテキストアウェアの分野では,細かい動作や状態を認識するために複数の加速度センサを用いるが,多数のデバイスを用いているにもかかわらず消費電力の低減は考慮されていませんでした.そこで本研究では,低消費電力なコンテキストアウェアシステムの実現を目的とします.提案システムは,消費電力と認識精度を考慮して最適なセンサの組合せを決定し,不要なセンサの電源をオフにすることで消費電力を低減させます.稼働センサ数を変更しても,筆者らの提案するデータ補完手法を用いることで,認識精度を維持しつつ低消費電力なコンテキストアウェアシステムを利用できます.

発表歴

  • 村尾和哉, 竹川佳成, 寺田 努, 西尾章治郎, “ウェアラブルコンピューティングのためのセンサ管理デバイスの設計と実装,” 情報処理学会論文誌, Vol. 49, No. 9, pp. 3327–3339 (2008年9月).
  • Murao, K., Terada, T., Takegawa, Y., and Nishio, S. “A Context-Aware System that Changes Sensor Combinations Considering Energy Consumption” Proceeding of IEEE International Conference on Pervasive Computing, pp. 197–212, (May 2008).