仮面型ディスプレイe2-Maskを用いた対面コミュニケーション支援システムの検証

研究内容

対面コミュニケーションにおいて, 人は対話者の顔の特徴から対話者の性格を推測するといったように, 顔は人の印象を決める重要なパーツです. また, 対話者の顔の印象が好ましいほど, 対話者に対して親近感が湧く傾向があるということも知られています. 自分自身の顔そのものを変えることができれば, 他者に与える装着者自身の印象や雰囲気をより柔軟により強力に操作できると考えました. そこで, ユーザの顔をアバタの顔に変えられる仮面型ディスプレイe2-Maskの検証を目的とした研究しています.

ポスター

発表歴