ITを用いた新しい交通サービスの創出

公立はこだて未来大学スマートシティはこだてプロジェクトでは,IT(Information Technology) を利用することにより,路線バス,タクシーなどの区別をなくした新しい交通システムである SAVS (Smart Access Vehicle System) を提唱しています.SAVS は,乗客からの配車依頼 (乗車場所,降車場所,降車場所に到着したい時刻などの入力)に応じて,コンピュータ上で最適な SAV(車輛) を選択して,その SAV に乗客を乗車・移動させるシステムです.
このSAVシステムを基に,乗客の利便性とSAV(車輛)の運行効率の両者を考慮したり,エンターテインメント性を高くし公共交通に移動以外の付加価値を与えるなど,公共交通をテーマに,サービス科学の標準問題を抽出・解決することを目指して研究を行っています.