声量制御のための音声フィードバック手法

近年,計算機の小型化や高性能化に伴い,ユーザが計算機を常に身に付けて持ち運ぶウェアラブルコンピューティングに対する注目が高まっている.Google GlassやApple Watchなどのウェアラブル端末は,例えば,目的地までのナビゲーションなどユーザにとって有用な情報を提供するなどユーザの行動を支援している.既存の多くの情報提供手法の多くは,行動判断の材料となる情報をユーザに提示し行動を促す.しかし,トラブル時や酩酊時などユーザが自身の行動を制御できない状況もある.そこで本研究では,声量に着目し,ユーザに心理的負荷をかけず,不随意的かつ非知覚的にユーザの声量を制御するための音声フィードバック手法の提案を目的とする.提案システムはLombard効果を活用し,ユーザ自身が聴き取る自身の発声した声量を変化させることで,ユーザの声量を制御する.評価実験より提案手法における声量制御の効果を確認した.

%e5%a3%b0%e9%87%8f%e5%88%b6%e5%be%a1%e3%81%ae%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ae%e9%9f%b3%e5%a3%b0%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%83%e3%82%af%e6%89%8b%e6%b3%95

竹川佳成, 平田圭二, “声量制御のための音声フィードバック手法の提案,” 情報処理学会研究報告, Vol. 2016-EC-41, No. 24, pp. 1–8 (2016年7月).